今年も行いました!夏の恒例行事!保護者様を悩ます読書感想文。

読書感想文から保護者様を解放する夏期特別講座

【速聴読で本を読み読書感想文を書き上げる!】

これはよくある書き方講座ではありません。
書き方講座は、書き方を教えて、あとは頑張りましょう!
というものです。

行う側としては正直、楽です。
結局最後は、保護者様がつきっきりになる羽目に・・・。

しかし、当塾の読書感想文講座は、

速聴読で本を読み、読書感想文を書き上げる

というものです。

より!
講座に通うと、読書感想文の宿題は完了!
保護者様は出来を読むだけ!
だからこそ、心待ちにされている通塾保護者様がいらっしゃいます(^^)

 

そんな大変な読書感想文ですが、
キチンと行うと、お子様の考えている事がよくわかります。

普段とは違うお子様の内面に触れる事が出来ます。
仮に、”本心ではない”としても、
このように考える事が出来るのなと確認することが出来る
素晴らしい宿題なのです。

・・・本来は。

では、なぜつらいのか。

それは最後に書きますね。

 

より、
当塾の読書感想文を書き上げる講座は
このお子様の内面に触れる部分に着目しています。

それは、
【お子様が感じる事】
を書いていただいております。

保護者様がお子様の読書感想文を見る時には、ともすると、
「こう思うよね?」
と、親であるあなた自身が思う事・考える事を書いてしまう事が多いです。

速聴読で文章を読んで、体裁の良い文章や押し付けではない
子供本人が感じている文章を書く。

 

では、早速今回の作品を見てみましょう!

 

https://www.kotobanogakko.com/blog/blog/3850/

如何ですか?
小2のお子様は
「自分で食べられないおばあちゃんに
ご飯を食べさせた時に喜んでくれた事が印象的だった」
のだとわかります。

優しさを感じる事が出来ますよね。

 

参考までに、昨年の作品はこちら

https://www.kotobanogakko.com/blog/%e5%9b%bd%e8%aa%9e%e3%81%ae%e8%a9%b1/2381/

こちらの小5の生徒。字が薄くて読み難かったかもしれませんが、

「認知症という病気をきっかけに、
人が変わっていく悲しみや人の生の重みなどを
わかってもらいたくてこの作品を作ったのだと思います。
・・・
二人を大切にし、一緒に暮らしていけたら・・・」

認知症というものがどのようなものかを知り、
それにより、自分の祖父や祖母とどのように接していこうか
という事が書かれています。

そうです。
【知る】事で、対応が変わります。

 

このような事が出来る読書感想文。
では、なぜつらいのか?

そもそも本を読む事がつらいという事から始まります。

自分の語彙力(ことばを知っているかどうか)のレベルに合わない本を読むと、
読む事が非常に困難です。
また、漢字もわからなければ、退屈以外のなにものでもありません。

それを補うのが、
お子様のレベル別に合わせた本を選別し、

耳で朗読音声を聞く【速聴読】です。

ただ朗読音声を聞くだけでなく、倍速を変更することが出来ます。
いわゆる、速読の効果です。

 

本から得られる事は本当に多いです。
是非、あなたのお子様に、語彙力・読解力につながる「ことばの学校」をお勧めします。

お問い合わせはこちらまで。

電話お問い合わせ
048-299-6233

お問い合わせフォーム
https://life-design-branding.com/contact/