1月12日の新聞報道もある通り、
2019年(平成31年度)公立高校進学希望状況2回目報道である
12月15日現在希望調査の発表がありました。

公立第一志望の生徒・保護者様は
非常に気になる所だと思います。

 

昨年度及び昨年10月1日現在での希望調査で
ご紹介しましたが、
今回の調査は概ねその通りになりましたね。

詳しくは
埼玉県公立入試2019年度(平成31年度)希望状況発表!10月1日現在。これは参考程度で大丈夫です。

を参照して下さい。

 

併せて読んで頂きたいブログ
【公立高校4割定員割れ】の記事と、埼玉県南部地域の実情。2018.11

 

戸塚安行駅、東川口駅が最寄りの駅となる学習塾
セルモ戸塚けやき通り教室に通う中学生は、
学年1位のお子様、学習が苦手なお子様、

戸塚西中学校
戸塚中学校
安行東中学校
神根中学校
安行中学校
新栄中学校 の生徒達が通います。

 

戸塚安行駅、東川口駅周辺には
非常に多くの学習塾があります。

その多くで、
誤った情報・誤った情報【解釈】による
進路指導を行っている学習塾が残念ながら多くあります。

是非、正しい情報、正しい情報解釈の上、
志望校へ向けて頑張って頂きたいと思います。

では、
実際にいくつかの高校を上げて解説致します。

 

12月の希望調査は、
10月の希望調査よりも【より現実を反映する】結果になります。


それは何故か?

10月の段階意外と多いのが、
・そもそも自分が受けたい高校がわからない。
・最悪、高校名自体を知らないという状況
です。

また、
志望する高校と自分の学力状態を客観的に見る事が出来ず、
・とりあえず知っている所を書く
・とりあえず行きたいなと思う所を書く

 

そして12月15日調査までの間、
新聞・埼玉県ホームページの発表を見る
または、
2学期から冬の間に行われる中学校での進路指導等で、
より現実に近い高校名となります。

 

当塾は
川口市の北東部にあたる戸塚安行駅、東川口駅周辺
戸塚西中・戸塚中・安行東中・安行中・神根中・新栄中の生徒が通うので、
川口系、草加系を受験する生徒が多いのが特徴。

 

この辺りの高校を例にしましょう。

前回の記事で注目した
3校合併での【川口市立高校】

昨年新設された高校!
当然、魅力的に映ります。☆彡

10月での倍率は昨年度同様、
新設校という事で非常に人気が高く注目でした。

前回のブログ記事の通り、

10月での倍率は
320人定員で1,068人の希望(3.34倍)

上記のような理由で予想通りではありますが、
とんでもない数字でした。

 

公立高校は1校しか受験できませんので、
よくよく見て頂きたいのは、不合格になる数。

この倍率(定員と受験者数)で入試が行われた場合、
748人もの中三生が不合格になるという計算です。
たった1校で748人です。

 

では、
今回の倍率はどうなったでしょう?
前回の倍率発表の影響もあるでしょう

320人定員で753人の希望(2.37倍)
それでも
433人の中三生が不合格となる計算です。

昨年の今頃は、
701人の希望(2.19倍)

少し現実味を帯びた数字に変わっています。

それでも高いですね。人気の高さが伺えます。
私は当初
塾や中学校が想定した偏差値よりも高くなると思っていましたが
まっしぐらという流れです。

3校合併前、
一番学力が高かった市立川口高校の最終倍率でさえ

1.48倍でした。

 

 

そして、全体を考察しましょう。

埼玉県の10月調査発表はこちら

埼玉県の12月調査発表はこちら

 

以下、10月⇒12月です。

川口北:1.30 ⇒ 1.08
川口市立:3.34 ⇒ 2.37
県立川口:1.86 ⇒ 1.71
川口東:1.01 ⇒ 0.97
川口青陵:1.41 ⇒ 1.38(定員40人減)

鳩ケ谷:1.46 ⇒ 1.37

草加:1.54 ⇒ 1.38
草加南:1.35 ⇒ 1.20
草加東:1.59 ⇒ 1.37
草加西:1.47 ⇒ 1.46

越谷北:1.58 ⇒ 1.22
越ケ谷:2.45 ⇒ 2.02
越谷南:1.76 ⇒ 1.56(定員40人減)
越谷西:1.64 ⇒ 1.36
越谷東:1.13 ⇒ 0.98

 

 

これらから何が読み取れるでしょうか?

そして、
今後は何が起きるか?!


今回1月11日に発表された
12月15日現在の倍率をみて動きます。

 

公立第一志望の場合、
何としても公立!
とお考えの方が多い現状。


せめてここへ入ってもらいたい・入りたいという欲求よりも、
【確実に入れるところを!】と
よりお子様の学力に対してより安全な所を選ぶ。


選ぶ高校が全体的に
偏差値において下又は同等の高校へシフト。

結果、12月15日現在で
倍率が1.0を割るような低い高校が適正な倍率へ変わる。
概ね例年通りの倍率で落ち着く。

この流れに乗り難いのは、
偏差値60を超える
学校選択問題を採用している高校や
川口市立高校。

結果的に概ね似たような倍率の可能性が多いです。

 

今回で言うと、

例えば
川口青陵が定員40人減の影響が大きく、
現状の倍率があまりにも高いので、

例年よりも低い倍率である
川口東や草加西へ流れる可能性はあります。
(但し、草加西も例年よりも高倍率の為、
三郷・八潮・和光等、少し離れた地域へ流れる事も予想されます)

 

埼玉県全体としての倍率は、
1.18倍!

一方で
72校113学科で定員に満たなかった
とありますが、

上記で紹介したブログ
【公立高校4割定員割れ】の記事と、埼玉県南部地域の実情。2018.11
のように、

戸塚安行・東川口地域の高校は、

この記事が霞むぐらいに倍率が高いですね。

 

結論
前回の記事でも紹介しましたが、
(新設や改修、逆に大きな問題が起こった高校除く)
結局色々な情報の末に落ち着く。

もう少し突っ込んでいうと、
見るべきは、
自分が志望する高校の
前年度・前々年度の倍率です。

 

但し・・・。
これは生徒本人・保護者様の情報収集能力の変化によって
今後変わるかもしれません。
そういった時代の変化に対応した上で、
こういったデータを読み解くのはなかなか難しいものです。

大手塾だから安心!というのは、
大手塾発信の昨今のデマ情報の多さからもわかります。

情報を制する事が出来ないものが成功出来ない事は、
我々大人が一番よく知っているはずです。

 

【シッカリとした入試・社会情報を持ち】
かつ、
大学入試改革からもわかる通り
AI・ロボット社会へ急速に変化を遂げている今後に
一番重要な
【自ら考える学習へ向けた指導行う】

 

当塾にご興味がある方はご連絡ください。

又は、048-299-6233

 

———————————————-

セルモ戸塚けやき通り教室では、

<通塾タイプ>
【早く読む力と語彙力をつける学習プログラム】
志望校合格!社会で活躍出来る人材を育てる
【小学部・中学部・高等部】

<通塾しない>で英語力をつける
【アメリカの教科書を多読する事で英語力をつけるプログラム】

をご用意しています。

 

<通塾しないご家庭で出来る学習>

通塾不要!ネイティブ発音で英語の教科書1000冊読み放題
大人も子供も家庭で出来る英語教育月額980円

 

<通塾して学習>

1年以上続けたお子様本人の実感として、

「早く読めるようになったから文章題で時間が余るようになった
という感想を得るお子様が多数です。

学校の国語のテストが出来るだけでは、
入試や社会人生活には役立たない!
学力テストで問われている事を身につける。

 

通塾の中学部

成績アップは勿論の事、
学習を通して、

自ら考え行動する力をつける事を目指す
学習を通して社会で活躍出来る人材の育成

通塾の小学部

中学生以降、飛躍する為には、
時間のある小学生の時に
優先して身につける必要のある事を学習する!