大学進学が当たり前?
更には男女比率に変化が!

2018年度入試
大学進学率は、

全国で6割近く、首都圏では7割を超える

そして、
女性も大学進学が当たり前。

進学率男女比逆転の「女性時代」が到来。

お子様には何を行う必要があるのか?!

 

戸塚安行駅、東川口駅が最寄りの駅となる学習塾
セルモ戸塚けやき通り教室に通う中学生は、
学年1位のお子様、学習が苦手なお子様、

戸塚西中学校
戸塚中学校
安行東中学校
神根中学校
安行中学校
新栄中学校 の生徒達が通います。

 

大学進学。
昔はエリート養成機関の役割を担っていました。

1950年代:
大学進学率は、男子10%・女子5%程度。

 

そして、時は流れ、
大学全入時代・少子化という言葉が乱立する中、

現在の大学進学率は・・・。

 

全国

男子57.7%女子58.5%

 

首都圏に関しては、

両者共に、7割を超えている。

 

既に大学進学は

当たり前

の時代になっています。

 

塾長が学生の頃である
第二次ベビーブームの頃は、

高卒は当たり前。
大学に進学するという事でスゴイ!


思われていた時代。

大学進学そのものが差別化になっていました。

 

そして、現在、

これだけ大学進学率が高いと、

大学に行くのは当たり前。

当たり前という事は、
行っていないと、「なぜ行かなかったんですか?」

という質問が出るでしょう。

 

勿論、
明確な意志を持って
他の進路を選択していれば問題はありません

 

また、

「大学に行けばスゴイ!」という事でなくなった以上、

「大学で何を学んできたのか?」

今後は
今まで以上にこちらが重要になってきます。

 

 

ここで、

あなたのお子様に「夢」はありますか?

 

この問いに明確に答えられる小中学生は
【今も昔も】少ない
というのは紛れもない事実です。

 

ただ、
これもある意味当たり前と言えます。

ブログを読んで頂いているあなたも
学生時代を思い出して頂ければわかると思いますが、

【自分が見聞き・経験した範囲】


物事を判断しているにすぎません。

 

この見聞き・経験が
圧倒的に少ないのが学生です。

 

 

では、何が必要か?

夢もそうですが、昨今は、更に、

・グローバル競争
・AI・ロボットの時代の到来。

我々大人が
どうなるのか?全くわからない時代
です。

 

但し、
どのような時代になろうとも、

自分がやりたい!と思った時に力がない

というのが一番悲しい事です。

 

変革の時代に生き残る為には、

ただ、
勉強が出来れば良いという事だけでなく
様々な経験・体験。
そして、

自ら考えて行動する力をつける訓練


小中学生の頃にどれだけ行ってきたか?

益々必要になってくるでしょう。

 

なお、
間違えないようにして下さい。
確かに全国的には少子化ですが、

5年前の大学入試から
【首都圏の大学入試は難化】しています。

現在の高校生が置かれる状況。大学全入時代の解釈を間違えると大変な事に・・。私立大学定員厳格化の余波

 

先日のブログ記事でもお伝えしていますが、

子育てを行っている
【親の経験・常識が全く通用しなくなっている】

のが、

・今の大学入試・高校入試改革

・これからの教育制度改革

です。

 

大人は
【正確な】情報を仕入れる事は怠らず、

そして、
お子様には

・普遍的な基礎基本の習得
(基礎がなければ応用は出来ません)

・課題に対して自ら考えるチカラ

・読解力・論理力


力を入れて頂きたいところですね。

 

セルモ戸塚けやき通り教室では、

1つ目・2つ目を5教科の学習を通して。
3つ目をことばの学校カリキュラム
にて
行っています。

 

 

なお、
大学進学のための授業料が厳しい!
という方もいると思います。

ただ、今後は様々な形で
給付金や助成金・奨学金がこれまで以上に増えると思います。

情報弱者にならないよう
これらのキーワードを使用して調べてみましょう!

 

そのひとつが
国の「給付型奨学金」です。

「進学資金シュミレーター」
で調べる事が出来ますよ。

———————————————-

セルモ戸塚けやき通り教室では、

<通塾タイプ>
【早く読む力と語彙力をつける学習プログラム】
志望校合格!社会で活躍出来る人材を育てる
【小学部・中学部・高等部】

<通塾しない>で英語力をつける
【アメリカの教科書を多読する事で英語力をつけるプログラム】

をご用意しています。

 

<通塾しないご家庭で出来る学習>

通塾不要!ネイティブ発音で英語の教科書1000冊読み放題
大人も子供も家庭で出来る英語教育月額980円

 

<通塾して学習>

1年以上続けたお子様本人の実感として、

「早く読めるようになったから文章題で時間が余るようになった
という感想を得るお子様が多数です。

学校の国語のテストが出来るだけでは、
入試や社会人生活には役立たない!
学力テストで問われている事を身につける。

 

通塾の中学部

成績アップは勿論の事、
学習を通して、

自ら考え行動する力をつける事を目指す
学習を通して社会で活躍出来る人材の育成

通塾の小学部

中学生以降、飛躍する為には、
時間のある小学生の時に
優先して身につける必要のある事を学習する!