新聞報道にもなりましたが、先日ご紹介した国語教育に対する改革と共に、
小学生・中学生における英語学習に関する教育も大きく変わります。

教育が変わるという事は・・・

そうです! テストも変わります
では、
教育が変わるとは、どのように変わるのか?

現在
小学校5・6年生で行われている英語活動

↓↓↓

小学生3・4年で英語活動、
小学生5・6年で英語教科化、

に変更されます。

これに伴って、
早速入試にも変化が出てきました。

今まで
国・算、
又は国・算・理・社
だった中学入試で

英語を問う事が増えます。

首都圏模試センターによる発表で
【2018年入試で英語を選択出来る中学校は110校以上に上る】

と報じられています。

現状における英語は【選択】という表現ですが、
今後、【必須】になる事は、
この文章を読んでいるあなたならばわかると思います。

 

それでは、どのような問題なのでしょうか?

中学入試の一例

「夢」などをテーマに150~300語の英語を話し、
面接官の質問にも答える。

というもの。

これは、
英語活動というレベルでどうにかなるレベルではありません。

「別に中学入試関係ないし・・」と思ったあなた。

ここで実感として持って頂きたいのが、
小学生での英語学習が変わる事で、

現在高校生で習っている内容が中学生におりてくる
事になります。

具体的には、

<現在の中学生>
約1200語の単語

<今後>
小学5・6年で600~700語
中学で1600~1800語
 合計で2500語程度

実に、今の倍以上です!
当然、文法の内容も変わってきます。

中学校における授業時間1週間に4コマ
に変更はなく、

小学校でやったから少し飛ばしても大丈夫だよね?という事で、
1200語
⇒1600~1800語にするわけです。

小学生のうちから
いかに英語にふれているか?という事が重要であると共に、
英検の位置づけが変わってくるでしょう。

このような変化が起こるという事は・・・。
同じ3級でもその内容が難しくなるのが容易にわかります。

現在の英検3級は【中学校卒業程度】

この表現が変わらないままであっても、
その実態である内容は・・・・

1200語 ⇒ 2500語

という事になるわけです。

同じ英検3級といっても、
今と今後ではその価値が変わってきます。

今後の入試における語学の重要性は高まるばかりです。

✅思考力を問う問題 ⇒ いかに良書を多読して様々な感情を持つか?

✅英語教科化 ⇒ 英語にふれる機会を増やす

 

では、どうするか?

語学の本質は、

自由読書による【多読多聴】です。

塾に入塾しなくても学習することが出来る1000冊読み放題!
月額980円。
大人の生涯学習から今後の入試対策まで
家庭で出来るレプトンリーディングファーム

はまさに最適です。

民間テストを利用するようになると、
従来の公教育で行われている英語では歯が立たなくなってきます。
今のうちに、
多くの良書をネイティブの発音で読む機会を持ってください。

登録をする事で、1か月間無料で体験が出来ます。

 

 

思考力と問う問題に対しては、
こちらのブログ
中学入試、高校入試に必要なチカラ!高まる読書の重要性と落とし穴

を見て頂ければと思います。

何かひとつでも参考になる点があれば幸いです。