公立高校第一志望の方にとって、
まずは目先の入試合格!の一点ではありますが、

今回は、
高校入試合格が人生のゴールで無い
という観点からお伝えいたします。

 

なぜ、
高校入試に向けて頑張った生徒が
スタートダッシュでつまづく事があるのか?!

多くの生徒が陥るそのからくりとは?!

 

 

戸塚安行駅、東川口駅が最寄りの駅となる学習塾
セルモ戸塚けやき通り教室に通う中学生は、
学年1位のお子様、学習が苦手なお子様、

戸塚西中学校
戸塚中学校
安行東中学校
神根中学校
安行中学校
新栄中学校 の生徒達が通います。

 

私立単願の方は入試が終わり、
公立第一希望の方は入試まで17日となりました。

中三卒塾後、
顔を見せに来てくれた生徒、
高校での我が子の成長を連絡してきてくれた保護者様で
明確に明暗が分かれている事例が多い事から
ご案内致します。

 

高校入試が終わると、
いくら勉強熱心な生徒であっても、中学生、
やはり遊びたいものです。

正直、我々大人でも
大きなプロジェクト・試験が終われば
息抜きをしたいですよね。

私も上場企業・公務員時代に経験した事があるので
気持ちは・・・わかります。
今まで我慢をして(頑張って)きたのですから。

 

「うちの子、我慢しているように見えないのですが・・・。」
という場合もあるとは思います。(^-^;

 

勿論、
大人目線で言えば
そう感じる事もあります。

しかし、
大人から見るとそのように見えてしまうお子様の場合でも、
大人が思っている以上に

「自分(の基準で)頑張った!高校までの間は遊びたい!」

と思っているのがお子様の現実。。。

 

また、
高校入試が終わると
通っている中学校で行われるのは、
ほぼ卒業式の練習のみ。

 

そして、
高校に入学しても直ぐには授業が始まりません。

 

より、

授業開始まで約1か月半(40日~50日程度)、
学習から遠ざかります。

 

【一切勉強をしなくて済む時期がこれほど長く続く】

 

 

<結果何が起こるか?>

今まで上げてきた成績・理解度を大きく忘れます。
(人はそれ程に忘れやすい生き物です)

 

<忘れるとどうなるのか?>

高校教科と中学教科はつながりがより強く、
中学での履修内容を忘れていると高校授業についていけません。
一例として生徒によっては、
計算問題すらも解けなくなります。他の三平方の定理等の単元であればもっと顕著です。

 

具体例で言うと、
高校数学で最初に行う
展開・たすき掛け因数分解・二重根号、全て中学が元となっています。
理科も英語も国語も同様です。

 

<ついていけなければどうなるか?>

それは、
容易に想像がつくと思います。
また、
中学とは違い留年・退学があります。

 

<少し頑張れば挽回は可能か?>

高校は中学よりも教科が増え、部活も復活。
更に
【高等学校】ですので、履修内容も難しくなります。

少し頑張っただけでは全く厳しい状況です。
特に公立高校の場合は
補習等の充実がなく、より厳しいものです。

 

<<挽回出来なければどうなるか?>>

大学を目指す場合は、
新卒就職で一番重要な
最終学歴である大学の【志望先を変更】する事にもなりますし、
一番確実な指定校推薦、推薦系入試で使用する評定平均が取れない。

高卒で就職を目指す場合は、
高校の成績が【就職先に影響】として出てくることに。

 

<ではどうすればいいのか?>

例として
越ヶ谷高校にいく学力がありながら、
関東大会レベルの実力を持っていた水泳の為に
川口市立高校へ進学した生徒。
卒塾後9か月目に遊びに来てくれた時のセリフが印象的でした。

「卒業まで塾に通っていたから文武両道・今の僕があります。
三平方の定理とか使いますからね。学年で1位の教科もありますよ。
塾長が毎度クドイように(笑)言っていた事も、今ではよく分かります。
3月は塾での学習以外はスマホでゲームでしたから、ヤバかったですね。
通わせてくれた親にも感謝しています。親には言わないですけど(笑)。」

越ケ谷高校に行ける実力がありながら、
偏差値としては1・2ランク落として入った学校にもかかわらず、
このような発言です。

この生徒、大手学習塾から当塾へ転塾し、
成績を上げた中三生時代は
5科で450点を軽く超えていました。

他にも

学力としては余裕がない状態で
私立単願入試にて進学した生徒。

「皆と違いノー勉ではなかったので今は学年20位以内まで上がりました」
という報告もありました。

このような例は多数あります。

 

私立単願者は、約2か月強、
公立志望者でさえ、約1か月半(40日~50日)。

この間に何をしたか?!

 

今まで、
半年・数年頑張ってきたにも関わらず、

【たったこれだけの期間の過ごし方】で、
高校に入ってから大きく違いが出ている現状があります。

 

挽回しよう!
と決心してもそこから上がるのは至難の事。

このブログを見て頂いているあなたのお子様が後者となり、

【必要のない苦労】をしてほしくないと思い、

この内容をお伝えさせて頂きました。

 

セルモ戸塚けやき通り教室では、
既に入試が終わった私立単願のお子様も
そのまま継続して学習されております。

120分×3での通塾のまま通うお子様。

120分×3だった通塾を
120分×2に変更して学習するお子様。

以前、
私立高校を特待生(ほぼ全額無料)で合格した生徒も

塾では集中しておりましたが、家ではやっていなかったと・・・。

それだけ
誘惑が強いという事です。

 

<何をするのか?>

セルモ戸塚けやき通り教室では、
3月に高校準備講座を行います。

行う学習はお子様に説明しています。

この学習がシッカリと出来ると、
【高校1年の1学期を先取り】出来ます。

 

・2・3月の学習が高校でのスタートダッシュに関わる。
・結果、大学入試、就職先に影響が出る。

 

【セルモ戸塚けやき通り教室に通っていない】お子様は、
ノー勉にならないよう気をつけて頂きたい所です。

大切なお子様が高校進学後に
いきなりの先制パンチで
キツイ思いをする事がない事を願うばかりです。

 

———————————————-

セルモ戸塚けやき通り教室では、

<通塾タイプ>
【早く読む力と語彙力をつける学習プログラム】
志望校合格!社会で活躍出来る人材を育てる
【小学部・中学部・高等部】

<通塾しない>で英語力をつける
【アメリカの教科書を多読する事で英語力をつけるプログラム】

をご用意しています。

 

<通塾しないご家庭で出来る学習>

通塾不要!ネイティブ発音で英語の教科書1000冊読み放題
大人も子供も家庭で出来る英語教育月額980円

 

<通塾して学習>

1年以上続けたお子様本人の実感として、

「早く読めるようになったから文章題で時間が余るようになった
という感想を得るお子様が多数です。

学校の国語のテストが出来るだけでは、
入試や社会人生活には役立たない!
学力テストで問われている事を身につける。

 

通塾の中学部

成績アップは勿論の事、
学習を通して、

自ら考え行動する力をつける事を目指す
学習を通して社会で活躍出来る人材の育成

通塾の小学部

中学生以降、飛躍する為には、
時間のある小学生の時に
優先して身につける必要のある事を学習する!