人生や学習では、すべてが絵に描いたように順調にいくとは限らない。
むしろ、
順調にいっている人の方がごく少数ではないでしょうか?

これを読んでいるあなたも
これまでの人生経験で何回も経験して
今に至ると思います。

行った事が上手く反映されないかも知れない。。。

努力が報われない事もあるかも知れない。。。

これまでにどんな成功をしていたとしても、
内的要因である「個人」、
あるいは
外的要因である「社会や時代」
が障害としてぶつかる時は必ずやってくるでしょう。

しかし、実は・・・
その時の問題というのは、障害そのものではない。

ぶつかったことにどう向き合っていくか

が何よりも重要!

 

学習を例とすると、
「なんでこんなにやったのに!」
はたしてそれは本当にやったと言えるのか?

そもそも、「やった」という言葉がいい加減であり、
1時間を「やった」という人もいれば、
4時間やってはじめて「やった」という人もいる。

また、その「やった」という学習の際に、

✅集中力はどうだったか?

✅眠気等でボーっとしながら学習していなかったか?

✅スマホ(特にLINEやメッセンジャー系)を使いながら学習していなかったか?

学習の仕方は正しかったのか?

その一つ一つを見つめ直し改善し続ける

こういった事を
学習を通じて獲得している子供は

大人になってからも成長し続け
きっと、
自分の人生の目的を叶える人物になると思います。

卒塾生でそれを証明している生徒が何人もいます。
(お子様も色々。勿論全員とは言いません)

 

「努力したことが全て報われるとは限らない。
しかし、成功した人は皆すべからく努力している」

 

学習の仕方という意味での一例>
 ⇒学習には順序があります。

数学で色々わからないのですが、今やっている方程式がわからないから教えて下さい。
⇒正負の数・文字式が【出来る】ようになっていない状態で方程式を学んでも解けない。

数学で計算よりも計算以外が重要だろう!と考える
 ⇒方程式・比例がわからない生徒が、一次関数を解く事は出来ない。

英語で長文が苦手だから長文をやろう!と考える
 ⇒単語力がない生徒が、長文を読めるわけがない。

応用問題が出来ないから応用問題をやろう!
 ⇒そもそも【基本を使いこなす】までに至っていない生徒が、応用の意味がない。

 

お子様ひとりひとりで課題が違います。
その課題に対して”子”別にカリキュラムを組み
自ら解ける力を身に付ける学習塾。

電話問合せ
048-299-6233
問い合わせフォーム
https://life-design-branding.com/contact/