この時期の中三生。引退をかけた祭典?!学総があります。

塾生である中三生も色々な想いを持っています。

様子を見ていると、
勉強に集中していないな

そこで、
声をかけてみました。すると・・・。

「緊張しちゃって・・。緊張はどうすればいいのでしょうか?」

そうですよね。
何かするには常に緊張というものがついてきます。

しかし、緊張は悪いものではなく、
時にはその緊張が人を大きく成長させます。

緊張に関していえば、中三生は8か月後・9か月後に入試が待っています。
アドバイスをする事で、緊張と上手く付き合い事が出来そうです(^^♪

 

人は
いい意味でも悪い意味でも、なるようになっています。

今の自分に満足していない方。
それは自分自身が作り上げているものと言っても良いです。

 

「失敗したらどうしよう・・・」

と思えば、失敗する確率は高いです。

「よし、やってやろう!」

と想えば、成功する確率が高いです。

ある意味当たり前の事です。
ネガティブワードを唱えていれば、身体が固くなる、思考を阻害します。

 

顧問には、

緊張を味方につけろ!
気合いだ!

と言われたようです。
勿論それは言っている事としては正しいです。

しかし、
実際、どうしていい
のか分からないものです( ;∀;)

 

では何をするのか?

コーチングの世界では、
プロスポーツ選手にも教えている事です。

例えばゴルフ。
自分の前の選手がグリーン上でパットを打つ。
「入るな~、入るな~」と言っていれば、
次に回ってくる自分のパットで「入るな~」の状況が起きます。

なので、相手なのに

「入れ!入れ!」と言ってしまいます。

そうする事で、次に自分が打つときのイメージが既に違います。
「入れ!」と相手に思った所で、相手は受け取りませんから大丈夫です(笑)。

 

失敗したらどうしよう・・・。

考えても考えなくても、失敗をする時はします。

であれば、
少しでも可能性が高い事をする方が良いのではないでしょうか?

勿論、
こう思っても上手くいかない事はあります。

だからと言って、
【わざわざ自分から】失敗する可能性を増やす事をしますか?

言うは易く行うは難しで、
簡単ではないですけどね(^-^;

ただ、
【自覚】と【無自覚】では大きな差があります。

実感できたとき、それは自分のチカラとなるでしょう。

是非、騙されたと思ってやり続けてみて下さい。
(騙してないですけどね(笑))