変わる埼玉県高校入試。
 大手塾の情報でも誤った情報もあり、注意が必要な状況がうまれています。

過去には、
叡明高校が新しくなり人気が出始めた頃、
【私立入試の個別相談は先着順みたいよ!】
という
デマ情報が多く流れた事があります。

勿論、
これはデマ情報であり、
先着順という事は

今年もありません。

今回のブログでは、今年多い誤った情報と
その本当の情報をお伝えします。

 

大学入試が変わる事はご存知かと思います。
一番分かり易いのは、
長らく続いていた大学入試センター試験の廃止です。

大学入試制度改革が起こるという事は、
その手前である
高校入試改革や中学入試改革にもつながっていきます。

変化が起こるという事は、
情報が古くなるという事です。

3つの気をつける点として。

①この数年、私立入試も公立入試も毎年色々な面での変更
②SNSの普及の威力。
ママ友・生徒間での誤った情報・解釈での気軽な情報交換

③インターネット情報における情報の取捨選択の難しさ

ここで、
③のインターネット情報という意味では、

アフィリエイトという言葉はご存知でしょうか?

色々な手法がありますが、
中には、解釈違いを起こさせて、商品の優位さを説き、
購入させるという手法も多く存在し、
一見では、間違えた情報が正しい情報だと思い込んでしまいます。

こうなると、何が正しい情報なのか?!非常に分かり難くなっています。

 

話しを戻しましょう。

本件、
上記③アフィリはあまり関係ないですが、
①・②が影響し、
誤った情報を得ている保護者様・生徒様が
例年よりも多く上がっています。

誤った情報元ですが、
「ママ友」、「他塾の同級生から聞いた」という事がほとんどです。

聞いていると、
【中規模塾のみならず、
 誰もが知っている大規模塾での情報!の例も・・。】

一例として、
「君なら大丈夫!」
と言われ私立高校個別相談へ行ってきたがダメだった・・・。

それは
これはどんな誤情報だったのか?!

 

解説すると、

【昨年の基準】
であれば確かに大丈夫だった
というもの。

情報は常に変化しています。
情報を得ようとしなければ、
間違えて案内していることも発生します。

上記の例で言えば、
浦和麗明高校。
叡明高校と共に人気が出ています。

昨年に比べて、基準を3つも上げました。
それでも人気があるので、強気でいられます。

この辺りの事に関しましては、
過去ブログ
を参考にして下さい。

これは、
既に上のお子様で受験を経験している保護者様
の方が余計にビックリされます。
例えば3年前と今とでは状況がかなり違います!

 

そして、
今回一番多いのが

私立高校個別相談で、
【内申点と偏差値の両方で基準をクリアしていないといけない】

という誤った情報です。

勿論、そういう高校もあります。
ただ、現状は
【圧倒的にその方が少ないです】

本年度の
叡明高校・浦和麗明高校・浦和学院高校・浦和実業高校
当塾近隣4高校であれば、それはあり得ません!
(一部上位コースや奨学生待遇は除く)

当塾では、
春と秋に入試制度説明会を行いました。

また、
塾生・塾生保護者様に関しましては、

??? となった際に、
ご質問にお答えしております。

 

特に、
大手塾での間違い・・・・。
これで進路指導されているとなると、
少しゾッとする話ではあります。。。。

このブログをご覧になっているあなたも
通っている塾等で正しい情報を得て下さい。

上記、個々の先生では知らない事があろうかと思いますが、
流石に塾として知らない事は無いと私は思っています。。。

 

余談
今年も上記当塾近隣4校の人気にかげりはなく、
私立高校ではかなり対応に追われているようです。