【都道府県立の公立高校4割が定員割れ】
という記事が出ました。

戸塚安行駅、東川口駅が最寄りの駅となる学習塾
セルモ戸塚けやき通り教室に通う中学生は、
学年1位のお子様、学習が苦手なお子様、

戸塚西中学校
戸塚中学校
安行東中学校
神根中学校
安行中学校
新栄中学校 の生徒達が通います。

 

日本全国における2018年春入試において、
公立高校の実に4割にあたる高校が定員割れをした

という記事です。

 

勿論理由は、少子化です。

但し、
これは日本全国で見れば・・・です。

セルモ戸塚けやき通り教室は
埼玉県でいえば南部に位置し、
川口市でいえば北東部にあたる戸塚安行駅、東川口駅周辺
戸塚西中・戸塚中・安行東中・安行中・神根中・新栄中の生徒が通います。

「定員割れが多いから安心ね」

本当にそうでしょうか?

それは日本全国であり、
実際に
この地域ではどうなのか?

 

結論を言うと、

東京都内よりも
少子化を感じさせない競争激化地域です。

2018年入試における東京都では31校が定員割れし、
3次募集まで実施したが定員割れした高校がありました。

 

では、埼玉県南部地域。

例えば川口市の人口推移。
10年前の2008年:505,802人
今年2018年:600,050人

この10年で10万人増えており、
【毎年増え続けて】います。

但し、
出生人口は5,000人前後を繰り返しており、

勿論少子化の影響を受けています。

しかし、
この人口増は

若い世代や、元々子供のいる子育て世代の流入も含まれています。

 

少子化の影響もあり、
【埼玉県も全体で見れば】38校の定員割れがありました。

 

しかし、
南部地域においては、

定員割れを起こす高校はほぼなく、
【川口市・草加市・越ケ谷市・さいたま市南部地域】の高校では、
1.5倍を超える高倍率の高校が多数存在し、
1.2倍程度であれば更に多く存在します。

同時に、
私立高校に関しても生徒集めに苦労しない状況があり、
この地域においては、
何回かブログ記事にしている

【オール3では併願高校がない】という状況が生まれています。

 

新聞記事の見出しだけを見て
判断する事と大きな間違いがありますので、注意致しましょう。

 

———————————————-

セルモ戸塚けやき通り教室では、

<通塾タイプ>
【早く読む力と語彙力をつける学習プログラム】
志望校合格!社会で活躍出来る人材を育てる
【小学部・中学部・高等部】

<通塾しない>で英語力をつける
【アメリカの教科書を多読する事で英語力をつけるプログラム】

をご用意しています。

 

<通塾しないご家庭で出来る学習>

通塾不要!ネイティブ発音で英語の教科書1000冊読み放題
大人も子供も家庭で出来る英語教育月額980円

 

<通塾して学習>

1年以上続けたお子様本人の実感として、

「早く読めるようになったから文章題で時間が余るようになった
という感想を得るお子様が多数です。

学校の国語のテストが出来るだけでは、
入試や社会人生活には役立たない!
学力テストで問われている事を身につける。

 

通塾の中学部

成績アップは勿論の事、
学習を通して、

自ら考え行動する力をつける事を目指す
学習を通して社会で活躍出来る人材の育成

通塾の小学部

中学生以降、飛躍する為には、
時間のある小学生の時に
優先して身につける必要のある事を学習

 

この新聞記事にも載っていますが、
全国における少子化の影響は甚大で、
2018入試では約116万人
2019入試では約114万人
2040年には約85万人と推定されています。