「俺の人生はどうなっていたんだろう?」

高校3年生になった卒塾生2人が来訪。
進路を明確に考える時期になり、
話しを聞いてもらいたかったそうです。

この2人の生徒。本当に思い出します。
中三生入塾時には、分数計算も出来ず、
5科の合計は120点ぐらい・・・。
1科ではないですよ!5科で(苦笑)。

既に、自分自身の限界が作られており、
自ら人生の落ちこぼれすら感じていました。

学習の仕方や、学習の意義、色々な事を教えました。

そして、5科の合計は300点まで成長。

そして・・・
入塾から1年後の卒塾時にまさに明言を残しました。

 

「人って一年で変われるんですね」

 

そうです。
人生は出会いの連続です。
誰と出会い、誰と共にし、何を成すのか?
その繰り返しが人生を形作っていきます。

塾長である私は、公務員だった過去があります。
退職するときは、周囲に「勿体ないよ」等々言われました。

現在は、この5年間で学習塾が乱立する地域に変貌した激戦地区で
学習塾の経営・塾長として仕事をしており、
(滅多にないですが)時々収入面では確かにそうだなぁと思う事もあります。

しかし、
私が公務員を退職するという事をしなければ、
この生徒達は
私と出会う事は一生なかったわけで・・・。

この話をすると、
「塾長!やめて塾やってくれて良かったっスよ~(^^♪」と。

・・・ありがとう(^^)

この卒塾生徒達。
一人は体育教師、一人は公務員を目指すそうです。

これから、色々な人と出会い、色々な思いをすることがあるだろう。

良い事も悪い事も。
成功も挫折も。

ただ、一つ言えることは・・・

起きる出来事の事実は変わらない。それをどう捉えるかで人生が変わる

この言葉を土産に帰りました。
良い話しを聞くだけ・・に終わると消化不良になるかな?!(笑)

今度会った時には、更なる成長を楽しみにしているよ(^^)

 

勿論、私は魔法使いでも神でもありません。
ましては、【絶対】という言葉は世の中にはそうそう存在しません。
しかし、これまでも、
そして、これからも、お預かりする生徒には他の塾では提供することが出来ない

【学力を上げる事・人としての成長を促す事 = 社会に必要とされる人】

となってもらうべく、指導を続けようと気が引き締まる再開でした。

・・・
キレイごとを並べるのは簡単ですが、
スマホ全盛!今どきの中学生!なかなかにハードですよ~(笑)。
その理由はまた次の機会で。