DDD?!何のこと?と思いますよね(笑)。
では早速3つの【D】を紹介します。

1つ目のD・・・「でも」
 弁解・反論などをする時に用いる言葉。

2つ目のD・・・「だって」
 相手に反対し、自分を正当化する、理由や事情をしめす言葉。

3つ目のD・・・「どうせ」
 どんなにしたところで。どっちみち。
「な~んだ~」と思いましたか?
思った方こそ、読み進んでみましょう♪

この3つの言葉。
それぞれ言葉自体は違いますが、
共通点があります。

その共通点はわかりますか?
考えてみましょう!

・・・・・

・・・・

・・・

・・

はい!(笑)。

様々思い浮かんだかもしれませんね。

その中で大きな共通点。それは・・

【今の自分から変化する事を嫌う】

です。

えっ?
と思った方もいますか?

では、具体的に
これらの言葉がよく使われるシーンを思い出してみて下さい。

想像出来ましたか?
その時の自分の心境はこういった事がありませんか?

相手に何かを言われた時に、自分を正当化する。
正当化する為にこれらの言葉を使って、わかってもらいたい。

これそのものはダメな事ではありません。なぜなら・・・。

心理学的に、

人は他者に認めてもらいたい生き物

です。

自分を認めてもらいたいのに
反論意見や、
自分が行っていない事の提言をされるのです。

イヤですよね~。

「そんなことはないんです!わかってください!( ;∀;) 」
という心の叫びが聞こえてくるようです。

では、

<人が成長する時はどういう時でしょうか?> それは・・・

自分では見えていない他人からの指摘を受け入れ、
それを向上しようとして【実行】した時に成長します。

勉強もそうです

他の塾で5教科400点は超えていたが、
それから伸び悩んでいた生徒。
当塾に入って学んでもらったのは、
問題の解き方ではありません。

本人が今まで知らなかった、他塾では教えてくれなかった勉強の仕方です。
そして、
それを
【実行する】
事で、
大きく成長し、470点以上を取るようになりました。

成功者から学ぶ

その為には、
自分ではない他者の意見を聞く
という事が不可欠です。
そうなると、3つのDは邪魔でしかありません。

 

実はもう一つあります。それは・・。

諦めから来る、逃げ

です。

自分自身で使う「どうせ」がその代表ですね。

やっては見たものの上手く出来ないから諦める。
そして、誘惑に身を投じる。
今の時代は、ゲームやYouTube、LINE等もそうですね。

成功体験が足りません。
でも、「そのやっては見たものの・・」は本当にやったのでしょうか?
(この部分はまた改めて書きますね。)
そして、
これらを繰り返すと・・・

「でも」+「だって」+「どうせ」=「出来ない」

そう、

出来ない

のです。

なにも成し遂げる事が出来ません。
<ではどうしたらいいのでしょうか?>

あなたは、指摘する、追及する、出来なかったいい訳を聞くのではなく、

どうしたら出来るようになるのか?!

これを一緒に考えてあげてください。

正直、手間です。
正解を知っている大人が指示すれば【その場は】早いです。

しかし、自分で決めた事でないと行動が鈍い事は
きっと、あなたもよくご存じのはずです。

だからこそ、
この部分に時間をかけてみましょう!
※この時に注意点。
このブログを見て頂いている保護者様に気を付けて頂きたいのが、
3つ目のDである、
「どうせ」
です。

他人から発する「どうせ」は、決めつけの意味が込められます。

せっかく一緒に考えている時に、
「どうせあんたは○○なんだから、こうしたらいいんじゃない?」

これ・・・
一緒に考えているようで、
既に可能性を狭めています・・・。

そのどうせ○○な部分にこそ、
変化する事で激変する内容が含まていますよ。
今回は3つのD、そしてそれに結論されるDを紹介しました。

本当はもっとたくさんのDがありますが、
今回はこの

3つのD=1つの結果であるD

を覚えておきましょう。

 

自らの可能性を自らで潰さないように。

これは、子供に対して!だけではなく、

あなたも心に留めておいて頂くと、人生が変わるキッカケになりますよ
参考に出来る点を参考にして頂ければ幸いです(^^♪