中三生にとって、全部で8回ある北辰テスト。

今回は、
中三生を対象とした埼玉県公立高校入試前最終回

第8回北辰テストのご案内です。

 

申込は
12月13日(木)~1月7日(月)まで

テスト日は、
1月27日(日)です。

北辰テストは、
私立高校の指標に使われますが
第8回の北辰テストを受験する日程は
ほぼ全ての私立高校入試が終わっています。

第8回、
いよいよ
埼玉県公立入試前最後の北辰テストです。

 

第8回に限り、
【学校選択問題】と【学力検査問題】にわけてテストが行われます。

学校選択問題は
浦和高校、浦和第一女子高校、浦和西高校、大宮高校、春日部高校、春日部女子高校、
川口北高校、川越高校、川越女子高校、川越南高校、熊谷高校、熊谷女子高校、
越ケ谷高校、越谷北高校、所沢高校、所沢北高校、不動岡高校、和光国際高校、
蕨高校、さいたま市立浦和高校、

計21校で採用されています。

上記高校を受験予定のお子様は、
申込時に
【選択問題】と記載されている用紙での申し込みになります。

 

第6回以降は学習に対する本気度が試されます。
但し、
公立第一志望のお子様に関しては、
北辰結果のみに目がいってしまうと
戦略を誤ります。

 

最も気に留める必要があるもの、それは・・・

内申点(通知表)

公立入試結果を大きく左右する
重要項目であるにも関わらず、
考慮している受験生があまりに少ない現状があります。
(大手塾に通っている生徒でさえ・・・)

 

但し、
その内申点は2学期の通知表で既に決まっています。

入試前最後の休みである冬休み。
そして、
第8回北辰テストまでの期間でシッカリと学習し
結果を出す。

その結果と内申点の結果を考慮して
悔いのない進路選択を行いましょう!

 

なお、
学習は比例のように一直線(青線)に伸びるものではなく、

2次曲線(赤線)を描きます。

伸びを実感できない時こそ!
学習を行い続ける!
という意識を持つことが非常に重要になります。

塾長である私自身、
この間の頑張りと冬休みの頑張りで
最後の偏差値試験で大きく数字を伸ばした過去があります。

最後まで諦めずに頑張りましょう!

 

北辰テストの申込は塾生でなくても出来ますので、
お近くを通る方は、お気軽にお越し頂き、お申込み下さい。

書店でも塾でも、
どこで申込をしても
北辰テストの受験料は変わらず、
4,600円です。

 

——————-

成績アップは勿論の事、
学習を通して、

自ら考え行動する力をつける事を目的とした
通塾の中学部

中学生以降、飛躍する為には、
時間のある小学生の時に身につける事がある
通塾の小学部

通塾不要!家庭で出来る英語教育月額980円