塾長の教育・子育てBLOG

コロナ禍の北辰テスト。昨年とは違う第7回と第8回での実施の方法・受験タイプ

もくじ

コロナ禍の北辰テスト。
第7回と第8回、昨年とは実施の方法・受験タイプが違う。

 

2020年度。
最後の最後までコロナ禍で振り回される北辰テスト。

今回のブログでは、
変更された第7回と第8回の

実施方法・受験タイプについて書きます。

 

戸塚安行駅、東川口駅が最寄りの駅となる学習塾
セルモ戸塚けやき通り教室に通う中学生は、
学年1位(オール5)のお子様、学習が苦手なお子様、

戸塚西中学校
戸塚中学校
安行東中学校
神根中学校
安行中学校
岩槻中学校

新栄中学校
新田中学校 の生徒達が通います。

小学生は

戸塚南小学校
戸塚綾瀬小学校
戸塚小学校
戸塚東小学校
安行東小学校
安行小学校
新栄小学校
清門小学校
浦和ルーテル学院初等部
開智小学校 の生徒達

小規模塾ではありますが、
ご好評を頂き、
広い範囲から多くの小中学生が通います。

 

北辰テストに限らず、都内のV模擬・W模擬もそうですが、
今年の偏差値テストは
コロナ禍において、
本当に振り回されっぱなしです。

 

(2020.9現在)北辰テスト実施方法

第7回、第8回の実施方法が決まりました。

例年でいう所の第1回~第8回、
今年は・・・。

<実施済>
第1回(4月):中止
第2回(6月):@Home
第3回(7月):@Home
第4回(9月):会場

<今後:情勢により変更あり>
第5回(10月):会場(予定)
第6回(11月):会場(予定)
第7回(12月):会場(予定)
第8回(  1月):@Home

 

特筆すべきは、
第8回北辰テストが再び、

@Homeで【既に予定されている】
事です。

その理由として、

「入試本番の時期での感染リスクを回避するため、
会場実施を中止し、自宅受験での実施とする」

との事。

確かに理にかなっているとは言えますね。

 

というのも、
私立の基準として使われるのは、

第7回北辰テストまで。

第8回は公立高校入試の志望校決定に際し、
最後に
【指標とするだけ】

とも言えるので、
やむを得ないと感じるところです。

 

実施内容(受験タイプ)の変更

受験タイプの内容にも変更がありました。

埼玉県公立高校入試において、
【ザックリ言うと】偏差値60以上の高校では、
数学・英語の問題が難しい学校選択問題を採用されるようになりました。

 

昨年の北辰テストからは、
こういった問題での合否判定をしよう!
というのが目的で変更されました。

 

昨年の第7回北辰テスト】

・学力検査タイプ
・学力検査タイプ【+】学校選択タイプの数学・英語【も】受ける
(通常の5科の後に、学校選択タイプの数学・英語を受験:計7科)

のどちらかを選択する方法

 

昨年の第8回北辰テスト】

・学力検査タイプ問題
・学校選択タイプ問題(数学・英語の難易度が高い)

のどちらかを選択する方法

 

という方法が取られました。

詳しくは、
下記ブログ参照

北辰テストが変わります(2019年第7回・第8回)。学校選択問題・学力検査問題

 

そして、コロナ禍である今年。
新しい方式が追加された昨年とは
異なる形式で行われる事になりました。

 

今年の第7回北辰テスト】

・学力検査タイプ問題
・学校選択タイプ問題(数学・英語の難易度が高い)

のどちらかを選択する

 

今年の第8回北辰テスト】

・学力検査タイプ問題
・学校選択タイプ問題(数学・英語の難易度が高い)

のどちらかを選択する

但し、
上記の通り、@Homeでの受験。

また、
埼玉県入試対策特別回という設定で、
難易度・構成を今春の埼玉県入試に合わせた問題として実施。
志望校の最終検討や本番前の実力試しとして活用してください

という内容。

 

大きな変更ではありますが、
方法がハッキリとしたので、
中三生はこれらの変更を考慮した上で、学習する

という事になりますね。

 

但し・・・。
埼玉県公立高校入試という意味ではこれで良いのですが、
以前のブログでも書いた通り、
入試範囲外の事を学習しなくて良いという事ではありません。

 

というのも、

私立高校入試においては、
・公立入試の試験範囲に合わせる
・全範囲を課すが、公立範囲外は基礎問題にとどめる
・例年と変わらない

と三者三様ですし、

そもそも、

高校に進学すれば、
【今回の入試範囲に出ない部分がわかっていないと何も出来ない】
という単元があります。

 

進路を決めるにあたって、
目の前の高校入試に目が行ってしまいます。

公立だとしても、
「少しでも良い高校へ」と。

ただ、
高卒が最終学歴になるのではない場合、

本当に重要なのは

高校に進学した後

になります。

 

例えばですが、
埼玉県に住んでいて、
「鹿児島県立〇〇高校へ行ったんですよ~」
と言っても、
「はぁ。」
の世界ですし、

例えば、
偏差値50の高校でも偏差値54の高校でも、

大局で見ると、
4年前の大学入試の定員厳格化以降、

名の知られている大学の一般選抜を受験するには
厳しい時代となってしまいました。

高校入試は
合格して終わりではなく、
寧ろ、
高校進学後が重要!という事は
進路決定の際に意識していきたい所ですね。

 

 

———————————————-

定員が御座います。
気になった方は無料体験でお試し下さい。

セルモ戸塚けやき通り教室では、
「中学部」「小学部」「オンラインコース」をご用意。

あなたの大切なお子様が、学習を通じて
社会で必要とされる人財となる力をつける
一助となる事を理念として運営しております。

 

中学生

退塾率が極めて低い!
「子」別指導による成績アップは勿論の事、
学習の仕方や学習意識も指導。

学習を通じて
社会で活躍出来る人材となるべく
自ら考え行動する力
をつける事を目指した指導

 

小学生

中学生以降、そして大人で飛躍する為には、
時間のある小学生の時に
優先して身につける必要のある事があります。

習い事の授業料で
今後確実に必要となる力を身につける!

 

高校生・中学生にも最適な

オンライン講座

・1年365日開室オンライン自学習「みんがく」
・LINEで質問「オンライン解き方指導」
・英語の多読多聴「レプトンリーディングファーム」

通塾が厳しいお子様にも最適な学習を提供

 

少しでも気になった方は

こちら:お問合せ・無料体験申込

又は、048-299-6233

までご連絡下さい。

関連記事
最新の投稿
カテゴリー
月別アーカイブ
Share on facebook
Share on twitter

「無料体験」受付中!

 

セルモ戸塚けやき通り教室では、
現在、”無料体験”を受付中です。

個別教室セルモ戸塚けやき通り教室(小中学生対象 成績アップの学習塾)

Scroll Up